令和3年度 板橋製品技術大賞 最優秀賞

近赤外型歪検査器 LSM-9100WNIR

近赤外型歪検査器 LSM-9100WNIR

企業名

株式会社ルケオ   HP:https://www.luceo.co.jp/

株式会社ルケオは、1966年に偏光板の専門メーカーとして板橋区で創業し、50年以上に渡り光学事業に従事して来ました。
この間、独自の技術を駆使して、自社ブランドの偏光板や波長板の光学素子を始め、光学ユニットや光学検査機器を製造し、国内はもとより、世界各国に販売しています。

製品・技術の説明

本製品は、「色付きの樹脂製品の歪」と「シリコンウェハの歪」を1台の検査器で測定でき、かつ、リタデーション測定範囲が3000nmまで対応できるもので、これらを実現する「世界初※」の歪検査器となります。※㈱ルケオ社調べによる。
ポリカーボネートやアクリル系の有色樹脂とシリコンウェハは、近赤外領域の光を透過する特性を持ちます。
弊社では、近赤外用の偏光板を内製しているため、これを持つ構成とし、近赤外領域の3波長を利用した弊社独自の「近赤外(NIR)3波長直線偏光法」を考案し、有色樹脂およびシリコンウェハに対応可能な近赤外歪検査器を開発しました。
本製品により有色樹脂射出成形品やシリコンウェハの残留応力検査が可能となります。
全自動測定で手間が掛からず、測定者による測定誤差を軽減します。
測定物を配置し、測定ボタンをクリックするだけ。内蔵カメラで撮影した情報から全自動測定が可能です。
測定者の判断は不要なので、それに起因する測定誤差が発生しません。

製品・技術紹介動画


令和3年度 受賞製品・技術のページに戻る

気軽に産業情報を入手するなら

メールマガジンはいかがですか?

登録

削除

powered byメール配信CGI acmailer

メールマガジンの登録はメールアドレスを入力し送信ボタンをクリックしてください。

月2回発行の産業情報メールマガジン
各種公的支援団体の補助金やセミナー等
最新情報をお届けしています。
バックナンバーはこちら

板橋区の企業をお探しならこちら

1.板橋区産業データベース
detabace

(新規タブで開きます)

2.板橋区産業情報ガイドブック
detabace

(新規タブで開きます)

i-Net3.アイネット/i-Net


(新規タブで開きます)

ページ上部へ戻る