『いたばし働きがいのある会社賞』

いたばし働きがいのある会社賞とは

企業の競争力の源となる「市場を見通す視野」「技術」や「ノウハウ」「顧客との深い関わり」は、その企業で働く人に宿ります。よい業績を上げるためには、働く人の力を磨き引き出すことが必要であり、経営者にはその努力が求められます。働く人にとっても、日々の仕事に“働きがい”を感じられることは、活き活きと働くうえでとても重要なことです。

とはいっても、この“働きがい”は、外部からはなかなか見えにくいものであり、実際に働いてみないとわからないことも多くあります。

そこで板橋区産業振興公社は、そうした見えにくい部分を評価する仕組みを設け、経営者が社員の“働きがい”を高めるとともに、実際に“働きがい”を感じている社員が集い、業績を伸ばしている企業を表彰する「いたばし働きがいのある会社賞」を創設しました。

ES調査(社員満足度調査)などを基礎とした専門家の客観的な審査を基に、経営者と社員が企業理念や価値を共有し、更なる飛躍が期待される元気な企業を表彰し、広く内外に発信します。

 

◇ 簡単には真似できないものが、競争力を生みだします

簡単に真似されてしまうものは、競争力を生み出しません。

他者が簡単に真似できない、到達できない何かがある会社が、市場で必要とされます。

 

◇ 中小企業の競争力は、人に宿ります

市場を見る目、技術やノウハウ、お客様との関わりは、全て人に宿ります。資力ある大企業なら、設備や規模で勝負できます。けれども、中小企業は、人に宿る競争力で、勝負しなければなりません。

 

◇ 人の力を磨き、引き出すために、やるべきことがあります。

どのような状況でも、リーダーは、人の力を磨き、そして引き出さなくてはなりません。働きがいと能力開発を支える仕組みが、これからの企業を大きく左右します。

いたばし働きがいのある会社賞審査手順

 

いたばし働きがいのある会社賞評価基準

 

歴代受賞企業

 

・いたばし働きがいのある会社賞表彰式(平成28年度の表彰式は終了しました)

産業情報メルマガ

登録

削除

powered byメール配信CGI acmailer

メールマガジンのご登録は、メールアドレスを入力し、送信ボタンをクリックしてください。

ページ上部へ戻る