平成30年度 板橋製品技術大賞 審査委員賞

調節機能解析装置 ACOMOREF2/ACOMOREF2 K-model

調節機能解析装置 ACOMOREF2/ACOMOREF2 K-model

企業名

株式会社ライト製作所   HP:http://www.righton-oph.com/

 弊社は、メカトロニクスのプロフェッショナルとして、日本を代表するシステム製品メーカー様向けの製造受託事業と、眼科眼鏡機器や半導体搬送装置における自社ブランド事業との二事業体制を展開しています。
 自社ブランドでは、眼の屈折率を他覚的に測定するハンディタイプの”レチノマックス”シリーズが全世界で広く認知され、特にその機動力を生かして小児検診・災害時支援の場においても活用されています。

製品・技術の説明

 本製品は人が眼で物を見る場合に行う調節(ピント合わせ動作)時に発生する調節微動を距離毎に比較的短時間で測定し、分かり易く3色、又は詳細に6色で、眼の疲労度を表示する調節機能解析装置です。このグラフを用いて、眼鏡や眼調節障害の、適切な提案・処方を促すことができます。調節微動は、調節に使う水晶体を動かす毛様体筋の震えにより発生し、特定の周波数帯のデータが眼の疲労と関係していると学会等で報告されています。
 従来、眼の疲労は主に自覚症状でしか判断できませんでしたが、本製品を用いることでどの距離を見る時に眼の疲労があるかを他覚的に知ることができるようになりました。
 今回、LCD パネルをタッチパネル式でチルト可能にすることにより、操作をしやすくしました。また、額当てと測定部との距離を空けることにより、被検者の開瞼をしやすくし、使用現場に合うようにデザインも一新しました。
 初代機種と比較すると、PC不要の本体一体型にし省スペース化し、測定時間を短縮し被検者への負担を軽減し、グラフの色を見やすくしており、他社との相違点でもあります。

製品・技術紹介動画


平成30年度 受賞製品・技術のページに戻る

気軽に産業情報を入手するなら

メールマガジンはいかがですか?

登録

削除

powered byメール配信CGI acmailer

メールマガジンの登録はメールアドレスを入力し送信ボタンをクリックしてください。

月2回発行の産業情報メールマガジン
各種公的支援団体の補助金やセミナー等
最新情報をお届けしています。
バックナンバーはこちら

板橋区の企業をお探しならこちら

1.板橋区産業データベース
detabace

(別ウインドウで開きます)

2.板橋区リーディング企業ガイド
detabace

(別ウインドウで開きます) 

i-Net3.アイネット/i-Net


(別ウインドウで開きます)
ページ上部へ戻る