平成27年度 板橋製品技術大賞 板橋法人会賞

赤ちゃん用爪切り FUTABA

一木医療器製作所

赤ちゃん用爪切り FUTABA

企業名

有限会社 一木医療器製作所
有限会社一木医療器製作所は,手術用剪刀(ハサミ)、鉗子、メス等を専門に製造・販売を行なっている会社です。現社長の父である一木正五郎が剪刀作りの技術習得の修業を積んだ後、昭和25年に創業し60年を超えました。真面目にものづくりに励み、どんな要求にも応えてきました。その姿勢や、その製品には高い評価を得ています。現社長になり、病院における医師や販売店(卸業者)とも会話をする機会を増やすことで製品の問題点などの情報を入手する努力をしております。また技術展や商品展示会などにも積極的に足を運んでおります。

東京都板橋区蓮根 3-9-13
TEL 03-3966-1005
FAX 03-3966-1722
http://www.ichiki-medic.com

製品・技術の説明

赤ちゃん用爪切りFUTABAは新生児の爪を安全確実に切るためにできた製品です。

単なる爪切りでなく、新生児のデリケートな肌を絶対に傷つけないという考えから始まりました。赤ちゃん用爪切りFUTABAを製作する上で当社の持つ長年蓄積された手術用剪刀作りの技術、ノウハウにより初めて対応できるものであり、他ではできないものと自負しています従来製品との大きな相違は、40年以上の修業を積んだ医療用ハサミ作りの職人が手作りでひとつひとつ作っていることです。それは単なる工業製品ではないということです。医療用ハサミは、人の命に係わる製品という性格上、使う人の切るという技術によって切れたり、切れなかったりすることが無いように作られています。誰でも同じように使いこなすことができる。それが60余年かけて築いた技術です。

赤ちゃんが大きくなったら、この爪切りは不要になりますが、その赤ちゃんが親になりご自分のお子さんが出来た時、又出番があります。これも当製品が長く使えるから出来ることです。

なおハサミには名前や誕生日をレーザーで刻印をするサービスも有料で行っております。

製品・技術紹介動画


平成27年度 受賞製品・技術のページに戻る

ページ上部へ戻る