平成29年度 板橋製品技術大賞 審査委員長賞

超広帯域波長板「SB-RETAX 」

超広帯域波長板「SB-RETAX 」

 

企業名

株式会社 ルケオ   HP:http://www.luceo.co.jp/

 株式会社ルケオは、1966 年に偏光板の専門メーカーとして板橋区で創業し、昨年創業50 周年を迎えました。偏光板や波長板の光学素子を始め、光学ユニットや自社ブランドの光学検査機器「歪検査器」を製造し、国内はもとより、世界各国に販売しています。

製品・技術の説明

 「超広帯域波長板 SB-RETAX」は、1枚の製品で超広帯域の範囲(450nm ~ 1100nm)で使用できる光学部品の波長板です。
 通常の波長板は、単一波長だけに位相差を与える、或いは特定範囲の波長だけに同一位相差を与えます。そのため、使用波長を変える場合には、複数の波長板が必要で、交換作業が発生します。SBRETAXは、1枚の製品で可視光域から赤外光域の波長に同一位相差を与えられるため、交換作業が不要になり、そして交換スペースも不要になるため装置の小型化にも繋がります。
 また通常の波長板は、自社で製造した波長フィルム1枚をガラス板で挟んだ製品です。SB-RETAXは、自社で製造した波長フィルムを光学設計に基づいて5枚積層させて貼り合せ、超広帯域を実現しています。この製法により、今まで製作出来なかったφ100mm サイズの製作が可能になり、光量を必要とする天文分野で採用され、太陽フレア観測にSB-RETAX が貢献しています。
 更にSB-RETAX は、可視光域から赤外光域の同時測定を可能にするため、従来にない計測技術に貢献出来ると期待されます。

 

製品・技術紹介動画


平成29年度 受賞製品・技術のページに戻る

産業情報メルマガ

登録

削除

powered byメール配信CGI acmailer

メールマガジンのご登録は、メールアドレスを入力し、送信ボタンをクリックしてください。

ページ上部へ戻る