平成29年度 板橋製品技術大賞 優秀賞/板橋法人会賞

メカタケノコ

メカタケノコ

 

企業名

共栄バルブ工業株式会社   HP:http://www.kyoei-valve.co.jp/

 弊社は昭和50年に畜産用給水器の製造・販売を目的として高島平で創業しました。その後、配管資材の販売、事業拡大に併い蓮沼町に工場を設立し現在に至ります。主力商品であります畜産用給水器はもとより、自社ブランドの配管資材(タケノコ等)、ファストフード店向けの給水ユニット設計、製造。平成6 年より配管工事の設計、施工に着手し、自社で製造した諸装置の設置工事、配管工事も行なっております。そして平成21年より管工事、機械器具設置業者として公共事業にも参入しています。

製品・技術の説明

 既存の〈タケノコ〉とは流体を供給源から使用箇所にホースで取り出す際の接続継手である。通常の配管イメージは、加圧源→バルブ(流量を調整する為の物)→ストレーナ(ゴミを取り除く為の物)→タケノコ→ホースの順に設置して必要量の流体を取り出す。
本製品の〈メカタケノコ〉はバルブとストレーナが一体構造になっているので2 種類の機器が不要となり、その購入費用と作業手間のコストダウン。そして配管長の圧縮可能となる。構造はタケノコ本体にハウジングを装置すれば完了です。ハウジングは本体、定流量弁パッキン、フィルター、ストップリングの4 種のパーツからなります。製品の種類としては、1L 用、2L 用、4L 用、6L 用の4種類ですが、フィルターが#40、#80 の2種類あり、組み合わせの合計としては8 種類の商品となります。メカタケノコの長所は前述のコストダウン、短所は流量を変更する場合にハウジングの購入、交換が発生する事と思われます。尚、今回の実用新案登録ではハウジングそのものでも登録しているので、タケノコ以外にも装着する事で同様の効力を得られます。

 

製品・技術紹介動画


平成29年度 受賞製品・技術のページに戻る

産業情報メルマガ

登録

削除

powered byメール配信CGI acmailer

メールマガジンのご登録は、メールアドレスを入力し、送信ボタンをクリックしてください。

ページ上部へ戻る