平成29年度 板橋製品技術大賞 最優秀賞にコードレス溶接機

2017-10-27

平成29年度 板橋製品技術大賞
最優秀賞にコードレス溶接機

~板橋区内の中小企業が開発したアイデア・技術の結晶14点を表彰~

 今年で15回目となる「板橋製品技術大賞」(板橋区と公益財団法人板橋区産業振興公社の共催)の受賞製品14点がこのほど決定した。
 この表彰事業は、区内に本社または事業所を置く中小企業の優れた製品や技術を発掘することを目的にしたもので、販売開始から5年以内の自社開発製品が対象。
 今回は区内のものづくり企業22社から応募があり、新規性や市場性などを加味した評価ポイントによる審査(書類及び面接)が行われ、以下の各賞が決まった。

 大賞に当たる「最優秀賞」には、板橋匠屋本舗(前川康宏社長、板橋区宮本町)の「コードレスシート溶接機 Join-T(ジョイン ティー)」が選ばれた。
 同社は職人経験をもつ前川氏が2012年に妻と起業した“超小規模企業”。職人が使用する工具は市場が狭く、大手企業の参入がなく改良が進まない陽のあたらない分野。こうしたことから、職人目線での工具の改良と製作を志し事業を立ち上げたという。

【特徴】受賞製品はオフィスの床面などに使われるビニール製長尺シートのジョイント部分の接合に使用するガス溶接機。一般的な溶接機は電気式のため電源が必要で、新築の現場では電源のある場所から長い距離をコードリールでつなぐ必要があるうえ、本体と電気コードが常につながっているため取り回しも不便だったという。応募製品はエネルギー源を電気から小型のカセットガスボンベに替えたことで、小型・軽量化とコードレスを実現、ノズルを工夫することで安定して溶接できるようにした。

 また、2番手の製品に贈られる「審査委員長賞」は、株式会社ルケオ(吉村 健正代表取締役会長、板橋区大山金井町)の「超広域波長板 SB-RETAX」が受賞した。ルケオは板橋の地場産業である光学系企業の一つで、偏光版などの光学部品や光学レンズの形状を調べる歪検査器などを製作する光学専門メーカー。

【特徴】受賞製品の超広域波長板は、天文台の大型望遠鏡などでの使用を想定して開発されたもので、特殊な樹脂フィルムを使用し従来の倍ほどになる直径100mmの大口径まで対応できるものとした。供給先は国内外の天文台などであるため、大量に製造されるものではないが、高度な技術が集約したニッチかつオンリーワンの製品づくりが評価され、同賞に選定された。

 上記の2賞のほか、「健康科学賞」に株式会社タニタが出品した「運動機能分析装置 zaRitz(ザリッツ)」、「環境技術賞」に株式会社ワカイダ・エンジニアリングの「排水環境改善装置 WACトルネーダー」が、「優秀賞」3点には、共栄バルブ工業株式会社の「メカ竹の子」、有限会社エス・エス・ピーの「自動消火灰皿 ECOPON Ⅱ」、株式会社技光堂の「立体視・金属調印刷」が、「審査委員賞」7点には、株式会社HANAの「センタークリア クロス」、株式会社TOKの「風向風速計 FTJ500シリーズ」、ジーフロイデ株式会社の「非接触式レンズ肉厚測定器 CT-Gauge」、株式会社テクパルの「究極の1UラックマウントPCシステム」、有限会社とみの「転倒時の骨折を軽減する製品 ピーチスカート」、東京理器株式会社の「カットばさみ 胡蝶エレガンスGZ-700Fほか」、有限会社マーケットブレインズの「およげる!スイムフロート」がそれぞれ選ばれた。
 表彰式は9日の午前10時から、いたばし産業見本市会場で行われる。

<審査経過>22点の応募製品を対象に、学識経験者(審査委員長=楊 明首都大学東京工学部教授)、技術研究者、支援機関関係者など9名による審査により、最優秀賞1点(賞金20万円)、審査委員長賞1点(同10万円)など14点を表彰。受賞製品は11月9日・10日に区立東板橋体育館で開催される「いたばし産業見本市」会場で展示される。

[*本件問い合わせ先]
  公益財団法人板橋区産業振興公社/中小企業サポートセンター  事業1グループ
  電話(公社直通)03-3579-2192

気軽に産業情報を入手するなら

メールマガジンはいかがですか?

登録

削除

powered byメール配信CGI acmailer

メールマガジンの登録はメールアドレスを入力し送信ボタンをクリックしてください。

月2回発行の産業情報メールマガジン
各種公的支援団体の補助金やセミナー等
最新情報をお届けしています。
バックナンバーはこちら

板橋区の企業をお探しならこちら

1.板橋区産業データベース
detabace

(別ウインドウで開きます)

2.板橋区リーディング企業ガイド
detabace

(別ウインドウで開きます) 

i-Net3.アイネット/i-Net


(別ウインドウで開きます)
ページ上部へ戻る