製造業に役立つものづくりセミナー受講者募集!

サムネイル

製造業に役立つものづくりセミナー受講者募集!

ものづくりの基礎となる金属の素材・加工方法について、最近の技術動向を踏まえて詳しく
解説します。 コース別になっていますので、若手からベテラン社員の方まで幅広くご参加
いただけます。

8/31 申込期間を延長しました。

 

日時
平成29年9月7日(木)、14日(木)、21日(木)※各回ごとの受講も可能です。
各回とも 18:30~20:30(18:00受付開始)


■ 会場
板橋区立企業活性化センター第2研修室(板橋区舟渡1-13-10アイ・タワー2F)
浮間舟渡駅(JR埼京線)徒歩3分

会場案内図はこちら

 

内容・講師
9/7(木) 金属材料の基礎
講師:宇都宮大学工学部機械システム工学科 高山 善匡 教授

(プロフィール)
三重県出身。大阪大学大学院工学研究科博士前期課程修了。
宇都宮大学大学院教授工学研究部
宇都宮大学地域共生研究開発センター 副センター長 イノベーション創成部門長
一般社団法人軽金属溶接協会低温接合委員会委員長

金属材料の高温変形、金属組織の定量組織学的評価、摩擦攪拌接合などの研究に従事。
最近では、環境負荷低減のための材料組織制御と特性改善、異材接合を主なテーマとして
研究を進めている。

内容:金属加工を行うために知っておきたい金属材料の基礎を説明します。金属の結晶構造と
組織、加工と 再結晶などの基礎知識を踏まえて、鉄鋼材料とアルミニウム合金の種類と
特徴を説明します。また、 環境負荷低減等に関わる最近の金属材料の技術動向を紹介
します。

第1回目は終了しました。ご参加ありがとうございました。

 

9/14(木) 【基礎編】金属加工の解析に必要な応力とひずみの基礎
講師:宇都宮大学部工学部機械システム工学科 白寄 篤 准教授

内容:金属加工における応力やひずみは実測が困難なため、近年ではコンピューターシミュレ
ーションなど の解析でそれらの値が推定され、問題解決に役立てられてます。しかし、
まずは応力やひずみがそも そも何を意味するのかという基本の理解が必要です。
本講では、応力とひずみの基礎を説明します。

第2回目は終了しました。ご参加ありがとうございました。

 

9/21(木) 【実践編】金属部品の軽量化に向けた塑性加工技術
講師:宇都宮大学部工学部機械システム工学科 白寄 篤 准教授

内容:自動車部品には、地球環境問題やコスト削減などに対応するために益々の軽量化が求め
られています。 本講では、金属円管を素材とする場合と金属部品どうしの結合の場合を
中心に説明します。


定員
各回40名(申込順)


■ 参加費
無料

 

対象
製造業の経営者、社員を対象としていますが、どなたでもご参加可能です。

 

お申込み方法
必要事項をご入力の上、下記申込フォームよりお申込みください。
インターネットからのお申込みは締め切りました。
ご参加を希望される方は、下記お問合せ先までご連絡ください。

 

締切
8月31日(木)9月6日(水)


■ お問合せ
公益財団法人板橋区産業振興公社/中小企業サポートセンター
〒173-0004 板橋区板橋2-65-6 板橋区情報処理センター5階
電話:03-3579-2191
FAX:03-3963-6441

Eメール:jshien@itabashi-kohsha.com

 

pdf募集ちらし

 

関連記事

産業情報メルマガ

登録

削除

powered byメール配信CGI acmailer

メールマガジンのご登録は、メールアドレスを入力し、送信ボタンをクリックしてください。

ページ上部へ戻る