いたばしの産業歴史紀行~写真集(冊子版・動画版)を作製

%e5%86%99%e7%9c%9f%e9%9b%86%ef%bd%88%ef%bd%90%e7%94%a8

板橋の産業史を振り返る写真集を刊行しました

板橋区産業振興公社では第20回いたばし産業見本市の開催を記念して、光学機器や精密機械などの産業が明治期以降に集積した歴史を持つ、板橋区内産業の原風景を感じさせる画像を集めた写真集「いたばしの産業歴史紀行『夢 そして未来へ』」を作製しました。

明治から昭和初期にかけて、当時都市化の外縁部にあった板橋区には、新たな操業場所を求めて様々な工場が都心から移転、あるいは創業地として立地しました。

掲載された写真は、区内で操業を始めたころに撮影され、社内に眠っていた写真を各企業から提供していただいたもので、各ページには写真が撮影当時の社会背景などの説明を加えています。

B5判、48ページの冊子には約140点の写真が収められています。麦畑のなかにポツンと建つ工場(トプコン本社・工場、昭和8年撮影)や新工場の落成を祝う従業員・家族総出の集合写真、工場内の作業中のスナップなどに混じって、昭和初期に鋳造された巨大な銅像(櫻井美術鋳造、板橋区前野町六丁目、昭和初期撮影、人物・モデル・設置された場所ともに不明)や国会議事堂を模して建てられたエスビー食品の工場(板橋区宮本町、昭和25年竣工後に撮影)、現在の板橋区志村三丁目付近にあったバイクのテストコース(トーハツ)、国内で初めて商用写真フィルムの製造法を完成させた工場(板橋区小豆沢三丁目、後に富士フィルム創立につながった技術)など、産業史の一端を飾る写真が掲載されています。

写真集には冊子版と動画版をご用意しています。詳しくはこちらをクリックし、紹介ページをご覧ください。

■問合せ (公財)板橋区産業振興公社経営支援グループ

■電話  03-3579-2175

 

関連記事

産業情報メルマガ

登録

削除

powered byメール配信CGI acmailer

メールマガジンのご登録は、メールアドレスを入力し、送信ボタンをクリックしてください。

ページ上部へ戻る